Ministry Of Wine(ミニストリー・オブ・ワイン)|ワインのプロフェッショナル達がお届けするワイン関連情報の総合キュレーションメディア

100種類ものワインが飲める山梨ワイナリーズフェアに行ってきた

Saku-zeoux
Saku-zeoux



12月16日、17日の2日間、ハリウッドプラザ 5Fホール(六本木ヒルズ)で開催された「山梨ワイナリーズフェア」。
編集部では、12月16日(金) に開催された、男性150名+女性150名=合計300名のワイン好きが集う、「東京カレンダー読者限定のスペシャルワインイベント」に参加してきました。


山梨ワイナリーズフェアとは?

山梨県は、明治初期から続く老舗や平成に新設された醸造所など、約80のワイナリーが集まる日本を代表するワイン産地です。
2013年には、日本のワイン産地として初めて、国税庁長官から地理的表示「山梨」の指定を受け、フランスにおけるボルドーやシャンパーニュの様に、法的に産地呼称が保護されるブランド産地となりました。

今回の「山梨ワイナリーズフェア」では、山梨県の地域を代表して22のワイナリーが参加します。
地理的表示「山梨」が規定する厳しい基準をクリアしたワインの中から、各ワイナリーが厳選した数十種類のワインをご自由にテイスティングしていただけます。
また、テイスティングしたワインは、その場で購入もできます。

今回のフェアは、第1部は東京カレンダー共催の、一夜限りの読者限定スペシャルイベントとして、第2部・第3部は昨年同様ワイナリーとの直接交流をメインとし開催。
ワイナリーの方々と直接お話しながら、山梨ワインの魅力をたっぷり味わっていただける、特別な2日間となりました。


大人の空間に山梨のワイナリーが集まる

広いホールにムーディーな雰囲気。ここに山梨のワイナリーが集いました。
一人一脚のグラスを持って、22のワイナリーを回ってそれぞれ試飲が1杯づつできます。

「くらむぼんワイン」さん

エンソレイエ甲州スパークリングでまずは喉を潤す

熱く語る「あさや葡萄酒」さん

マスカットベリーAのロゼが最高

「大和葡萄酒」さんの時分。美しい旨味が印象的。

「敷島酒造」さんの甲斐ノワール

スポンサードリンク









とにかく酔っ払うイベント!(嬉しい悲鳴)

飲んでて気づいたのですが、試飲会じゃないので口にしたワインは全て飲む事になり、かなり酔っ払ってしまうことに気づいたのは時すでに遅し。
提供された料理やチーズも美味しいので、お酒がとにかく進む+テンション高くなると行った具合に。


ワインも買って大満足

生産者と話ながら飲める事ほど、幸せなことはないですよね。
ワインとワイン造りへの造詣も深くなりかなり大満足のイベントでした。
もちろん、気に入ったワインはお買い求めしました!

来年もぜひ開催して欲しいです。
ごちそうさまでした!



アナタへの関連記事

この記事に関するキーワード

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

オフィシャルライター

ワインの 丸かじり
ワインの 丸かじり
kayoko
kayoko
田中一幸
田中一幸
中村 亜貴子
中村 亜貴子
Kimie
Kimie
神原博之
神原博之
Rie
Rie
Masafumi Nishiura
Masafumi Nishiura
SatoRichman
SatoRichman
Ayapan
Ayapan
しろうとちずい
しろうとちずい
植村 睦美
植村 睦美
ジェイミー
ジェイミー
二村 恵子
二村 恵子
Nao
Nao
Holy
Holy
明ヶ戸 慎平
明ヶ戸 慎平
Marie
Marie
Chelo
Chelo
Hitomi
Hitomi
Saku-zeoux
Saku-zeoux
Katz
Katz

Instagram