Ministry Of Wine(ミニストリー・オブ・ワイン)|ワインのプロフェッショナル達がお届けするワイン関連情報の総合キュレーションメディア

ブルゴーニュ旅行記 ボーヌ編Vol.2

Nao
Nao



ボーヌの街は非常にコンパクトなので、歩いて5分とかからない範囲内に様々なレストランが密集しています。

そんな今回はボーヌ城外ではありますが、場外の城壁沿いにある2件のレストランについてオススメしたいと思います。

*前回の記事を読んでないかたはコチラ→「フランス・ボーヌ地方での遊び方


空の下で食べる食事が最高Le jardin-des-rempart

br001
ボーヌの城壁沿いにある中心地から10分とかからない距離にあるレストラン「Le jardin-des-rempart」。

天気が良いと時は中庭での素敵なディナーを堪能できます。
ここには日本人のサービススタッフの方もいらっしゃるので、メニュー選びに悩んだ時には気軽に相談できます。



アペリティフにロゼシャンパーニュ
br002

アミューズ
br003

いんげんの前菜
br004

ガレットの前菜
br005

スポンサードリンク








野菜のソルベ
br006

メイン 牡蠣のムニエル
br007

メイン 牛フィレ焼き
br008



ここでコース料理は終了かと思っていたら、さすがフランス、ここからまだまだ出てきます。

様々な種類のチーズプレート
br009
もちろんこのテーブルにあるチーズは選び放題、ちょっとお腹一杯だったら分量は調整していただけるし、全部1切れずつなどのオーダーも可能です!

br010
br011

デザートもチーズ中心のものから、フルーツ中心のものまであるので選ぶのに迷ってしましますね!


流行のビストロ21Boulevard

こちらも城壁から徒歩5分とかからない距離にある、今流行りのビストロ「21Boulevard」です。
メニューは3種のコースを選び、その中から自分の好きな前菜、メイン、チーズなどを選ぶプリフィックススタイルになっています。

お店の方の対応も非常によく、くつろげるサービスを提供していただきました。
今回頼んだのは最も量の少ない3品のコース。

アミューズ
br012
8月末に訪問したのですが、このガスパチョのようなトマトスープはどこでもアミューズとして似た形で出てきました。

ほうれん草のラヴィオリの前菜
br013

ポーチドエッグのデミグラスソースかけ
br014
フランスにはウフマヨネーズ以外に日本人ほど卵を食べる文化はないと思っていましたが、ここで登場しました。
宿泊したホテルでも、朝食ビュッフェにゆで卵などがあり、ボーヌでは日本のようにたくさん卵を食べる文化があるのかもしれませんね。

パイクパーチというスズキに似た魚にバターソースをかけたもの、ニンジン添え
br015
br016
驚くほどのニンジンの量!ですが、日本のニンジンと違いコンフィしてもしっかりと青臭さが残っており、それが少し味のしっかりした魚との相性が抜群です。




チキンのエポワスソースあえ
br017
ソースにエポワスチーズがこれでもかというくらい使用されていて、ブルゴーニュに来ているのだと非常に強く感じられる一品でした、

最後はやはりチーズ
br018

ここではチーズワゴンから選ぶことはできませんが、ブルゴーニュ伝統のマスタードのついたチーズ、エポワスなどをいただけます。

br019

やはりデザート風のチーズも選べますよ!



この他にも、ボーヌの街ではワインは勿論のことですが、とても美味しいレストランが他にもたくさんあります。
ボーヌのほとんどの場所で英語は通じるので、フランス語が苦手でも安心して楽しめることができました。

これを書いてたら、またボーヌに行きたくなってきました。
またまた次回!

アナタへの関連記事

この記事に関するキーワード

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

オフィシャルライター

ワインの 丸かじり
ワインの 丸かじり
kayoko
kayoko
田中一幸
田中一幸
中村 亜貴子
中村 亜貴子
Kimie
Kimie
神原博之
神原博之
Rie
Rie
Masafumi Nishiura
Masafumi Nishiura
Ayapan
Ayapan
しろうとちずい
しろうとちずい
植村 睦美
植村 睦美
ジェイミー
ジェイミー
二村 恵子
二村 恵子
Nao
Nao
Holy
Holy
明ヶ戸 慎平
明ヶ戸 慎平
Marie
Marie
Chelo
Chelo
Hitomi
Hitomi
河上 純二 a.k.a JJ
河上 純二 a.k.a JJ
Katz
Katz

Instagram