Ministry Of Wine(ミニストリー・オブ・ワイン)|ワインのプロフェッショナル達がお届けするワイン関連情報の総合キュレーションメディア

読書の秋!ワインがより詳しくなれるワイン関連書籍5冊

Hitomi
Hitomi



初心者から中級者・プロフェッショナルの誰でも楽しめて、かつ勉強もできて、ワインの事がよくわかるワイン書籍・本をいくつかピックアップしました。

読書の秋、これからの季節に1冊どうぞ!


図解 ワイン一年生

2015年11月に発売されて一部のファンに支持され続けているこの本。テーマは「世界一簡単なワインの教科書」。ゆる〜いイラストと、途中に挟み込まれている漫画で、ワインの事をよく知れます。

ブドウ品種の説明ページでは、それぞれのブドウ品種をキャラクターに置き換えて、性格づけをしています。「シャルドネ」は、女の子キャラで、誰にでもなじむ事の出来る人気のアイドル、「ピノノワール」は孤高の美女、という設定。

サンクチュアリ出版から初版1万2000部で発行され、その後の好調な販売の伸びを受けて5000部の重版が決まり、電子書籍化も決定したとの事です。


The WINE ワインを愛する人のスタンダード&テイスティングガイド

アメリカamazon Wine部門1位、本場フランスやイタリアをはじめ、世界19カ国で大人気のワインガイドブックです。
ワインの定義、ワインに使われるブドウ品種やワインと気候の関係、ワインの味わい方や選び方、香りの種類など、目で見て理解しやすいようにヴィジュアル化された一冊。

著者はアメリカの国際的ソムリエ教育機関「コート・オブ・マスター・ソムリエ」の資格をもつソムリエであるマデリン・パケットと、Wine Follyの共同設立者でウェブサイトのビジネス戦略、インターネット技術、情報モデリングを担当するジャスティン・ハマックの2人。初心者からプロまで、一家に1冊ぜひ置いて欲しい本です。


ワインの飲み方、選び方 ジャンシス・ロビンソンのワイン入門

イギリス・カンブリア出身のワイン評論家、ジャーナリスト、そしてマスターオブワイン(MOW)でもあるジャンシス・ロビンソンが語るワインのあじわい方の妙、奥深い物語のお話。

初心者にも上級者にも最適なワイン攻略本となっています。この本を読めば短期間で、一人前のワインテースターになれるかも。

スポンサードリンク









おいしいワインはインポーターで選ぶ!

ワインを選ぶ時に生産国、生産地、ブドウ品種など様々な情報が沢山ありますが、こちらは「インポーター」に注目した本。

おいしいワインにたどり着くのは難しいそんな時は、裏ラベルに記載されているインポーター(=輸入業者)を見るのがよい手がかりとなります。良いインポーターは、しっかりした生産者を選び、良いコンディションで輸入管理し、顧客のもとに届けるという信念があるからです。

誰にでも簡単においしワインが選べるよう、この本では10社インポーターをセレクトして紹介しています。また、インポーター会社にいる「人」に特化し、その個性、こだわり、得意分野などを合わせて紹介しています。インポーターと生産者との大事な関係性が垣間見れる一冊です。


必携 ワイン基礎用語集―ソムリエ試験に役立つ

この本は私も本当に買ってよかったな〜と思う一冊です。

本としては、シンプルにワインに関する言葉を網羅した基本用語集。約1460語の用語を「テーマ別」と、「50音順&アルファベット順」で掲載し、どんな方向からでも意味を簡単に調べることができます。

ワインを勉強し始めた人から上級者まで、言葉の意味や定義(スペル)、試験に出る料理の名前、チーズを調べたい時に本当に重宝します。監修は日本ワインを愛する会の副会長である、遠藤誠先生です。



アナタへの関連記事

この記事に関するキーワード

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

オフィシャルライター

ワインの 丸かじり
ワインの 丸かじり
kayoko
kayoko
田中一幸
田中一幸
中村 亜貴子
中村 亜貴子
Kimie
Kimie
神原博之
神原博之
Rie
Rie
Masafumi Nishiura
Masafumi Nishiura
SatoRichman
SatoRichman
Ayapan
Ayapan
しろうとちずい
しろうとちずい
植村 睦美
植村 睦美
ジェイミー
ジェイミー
二村 恵子
二村 恵子
Nao
Nao
Holy
Holy
明ヶ戸 慎平
明ヶ戸 慎平
Marie
Marie
Chelo
Chelo
Hitomi
Hitomi
Saku-zeoux
Saku-zeoux
Katz
Katz

Instagram