Ministry Of Wine(ミニストリー・オブ・ワイン)|ワインのプロフェッショナル達がお届けするワイン関連情報の総合キュレーションメディア

【テイスティングレポート】Domaine Bart Bourgogne Rouge 2012

Hitomi
Hitomi

今回はブルゴーニュ、ピノノワール好きに送る、コスパ良しのBourgone Rougeをテイスティング。

お手頃なピノノワール


<strong>Domaine Bart / ドメーヌ・バール
“Bourgogne Rouge 2012″</strong>
ブドウ品種:ピノ・ノワール
地域:ブルゴーニュ、マルサネ
土壌:南東向き、粘土石灰質
醸造・熟成:12日間エルバージュ。10~12度に温度管理。
熟成は樽とタンクをヴィンテージによって使い分ける。

コート・ド・ニュイ最北端に位置するマルサネは、約1億9960万年前にはじまり、約1億4550万年前までのジュラ紀中期のバジョシアン階とバトニアン階の石灰岩が混ざる多様性のある土壌のエリア。
そして、ブルゴーニュで唯一、赤・白・ロゼのワインを生みだすことが出来るアペラシオンです。

今回の”Bourgogne Rouge 2012″。
味わいや香りは、非常に果実味に富んでおり、ラズベリーの香り、スミレの香りを感じます。
とても親しみやすく、ワイン自体に難しさを感じとることはありません。

今回は2012年のビンテージで、まだまだフレッシュな果実味が口いっぱいに華やかに広がります。
酸味も程よく、調和のとれたバランスを描いています。
タンニンも優しく、時間経過とともに丸みを帯びたテクスチャーと柔らかい骨格になります。

編集部評価

▪コストパフォーマンス
★★★★☆

▪️フィネス
★★★☆☆

▪️奥深さ
★★☆☆☆

2,700円前後(税別)

**KZ個人的感想**

ブルゴーニュ、ピノノワールの奥深き世界を知った者であれば、このBourgone Rougeはお買い得。
果実味とフィネスと奥深さが調和のとれたバランスで感じ取れます。
抜栓してからの変化は緩やか。変化の度合いは多少少ないので
物足りなさを感じるかも。
2年〜4年寝かして枯れた感じを楽しむのもおもしろいかもしれません。

▼▼▼購入はこちらから▼▼▼

(取材・文/編集部 写真/編集部)

アナタにオススメ

この記事に関するキーワード

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

オフィシャルライター

ワインの 丸かじり
ワインの 丸かじり
kayoko
kayoko
田中一幸
田中一幸
中村 亜貴子
中村 亜貴子
Kimie
Kimie
神原博之
神原博之
Rie
Rie
Masafumi Nishiura
Masafumi Nishiura
Ayapan
Ayapan
しろうとちずい
しろうとちずい
植村 睦美
植村 睦美
ジェイミー
ジェイミー
二村 恵子
二村 恵子
Nao
Nao
Holy
Holy
明ヶ戸 慎平
明ヶ戸 慎平
Marie
Marie
Chelo
Chelo
Hitomi
Hitomi
河上 純二 a.k.a JJ
河上 純二 a.k.a JJ
Katz
Katz

Instagram