Ministry Of Wine(ミニストリー・オブ・ワイン)|ワインのプロフェッショナル達がお届けするワイン関連情報の総合キュレーションメディア

話題の「オーガニックワイン」について解説します

Holy
Holy

こんにちは、Holyです。
私も取り扱っている「オーガニックワイン」について今日はお話しましょう。

14285639_1286930337984219_1971067761_o




ワインの進化の歴史

20世紀になり、人間が人間の為に葡萄を作るようになってから、農薬、化学肥料、除草剤などが次々と開発されました。
それにより、収穫量は大幅に増大し、ワイン事業も拡大して行きました。

それに加えて、人工の酵母、タンニン、香り、味など、あらゆる部品が開発され、
フランスの6大シャトーの有名なワインと酷似したワインを作れるまでになりました。

そのようなワインは、まさに工業製品と言うしかありません。

オーガニックワインとは?

オーガニックワインは、19世紀以前の農法で、
農薬、化学肥料、除草剤などの化学物質を一切使わずに作った葡萄で作ったワインなのです。

化学物質を使うと、地面から1m程下に石灰層ができてしまい、それより下に根を伸ばすことができなくなります。
葡萄の根は本来地下10m程伸びる性質があるのです。
なので、雨の少ないところでも地下水を吸い上げて葡萄は育つのです。
水分だけでなく土の中にあるミネラルも十分に吸収して葡萄の果実に送るのです。

14273414_1286930331317553_1723091814_o

ワイン本来の持つ力

本来、ワインの醸造は、葡萄の果実の周りに自然に付着する酵母で発酵します。
しかしながら、農薬を使うと自然の酵母は死んでしまい、醸造過程で人工的に加えなくてはなりません。

農薬や化学肥料を使わずに、自然の大地から存分に吸収したエネルギーで力強く育った葡萄は、
安心で力強いワインとなり、体に優しいばかりでなく、瓶詰めされた後もゆっくりと熟成をして行くのです。

14273416_1286854717991781_1399410320_o

商品購入はこちら
Narz Vino

あわせて読みたい

この記事に関するキーワード

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

オフィシャルライター

ワインの 丸かじり
ワインの 丸かじり
kayoko
kayoko
田中一幸
田中一幸
中村 亜貴子
中村 亜貴子
Kimie
Kimie
神原博之
神原博之
Rie
Rie
Masafumi Nishiura
Masafumi Nishiura
Ayapan
Ayapan
しろうとちずい
しろうとちずい
植村 睦美
植村 睦美
ジェイミー
ジェイミー
二村 恵子
二村 恵子
Nao
Nao
Holy
Holy
明ヶ戸 慎平
明ヶ戸 慎平
Marie
Marie
Chelo
Chelo
Hitomi
Hitomi
河上 純二 a.k.a JJ
河上 純二 a.k.a JJ
Katz
Katz

Instagram